Mr. パクチーが飛ぶ!!!

プーケットしまかぜ案内人のオプショナルツアー、ピピ島、ダイビング、スパ&マッサージ、観光、屋台食堂&レストラン情報専門サイト

MENU

地元タイ人で賑わうファミリーレストラン.

サッワディーカップ
南国プーケットからしまかぜ案内人です。

f:id:rakbaimai2:20170831065708j:plain

タイのほのぼのな雰囲気、ゆったりとした時間を感じれるレストランが好きです。味も良くてタイ人の笑顔でサービス、そしてリーズナブルだともっと嬉しいですね。今回は『タイだな~』っとほんわかしてしまうファミリーレストランのご紹介です。

目次

1 夕日を見ながら飲むビールは美味い
2 Baan Kanom/バーンカノムの紹介&場所
3 コッテリバージョンのトムヤムスープと春雨パッタイ

夕日を見ながら飲むビールは美味い

突然ですが、皆さんは夕日はお好きですか?美しい海に茜色に染まる空、段々と沈む夕日。とても素敵な時間です。もっと満足したい方におススメはやっぱりチャンビールです。タイビールにバイク屋台で売っているチキンや豚の串焼きを食べながらほのかに苦くのど越しさわやかなビールはとても合うのです。

f:id:rakbaimai2:20170831065751j:plain

プーケット最南端岬/プロムテープ岬で見る夕日は格別に美しいです。もちろんビールにおつまみも売っているのでご安心下さいね。ちょっと違ったスタイルで食を楽しむもの南国スタイルっぽくておススメですよ🍺 もちろんご一緒にいかがですか?

Baan Kanom/バーンカノムの紹介&場所

ローカルな雰囲気で地元タイ人に人気のファミリーレストランと言えばここ!タイ人と外国人在住者が多いチャロンエリアで、リーズナブルにタイ料理も洋食もスイーツも本格的な味付けで提供してくれます。

f:id:rakbaimai2:20170831065851j:plain

店内はカフェのようなちょっとこじゃれた感じでカノム(お菓子)という名がお店の名前についているだけあって数多くのスイーツが店内で販売されています。

f:id:rakbaimai2:20170831065830j:plain

ご飯メニューも60バーツくらいからありとても安いのがタイ人も外国人のお客さんも多い理由ですね。そしてとっても小柄で可愛らしい元男子が笑顔で美味しいご飯をテーブルに運んできてくれます。ついつい安くて美味しいので食べ過ぎてしまうローカルレストラン、ボリューム満点のスィーツだっておススメです。タイを感じれるおススメレストランですよ。

コッテリバージョンのトムヤムスープと春雨パッタイ

今回注文した料理はバーン・カノム・コーヒー(仙草ゼリー入りコーヒー、70バーツ)とトムヤム・ナムコン・クン(海老入りクリーミーなトムヤムスープ、150バーツ)とパッタイ・ウンセン(グラスヌードル・パッタイ・卵とじ春雨のパッタイ70バーツ)の3品。

f:id:rakbaimai2:20170831065922j:plain

バーンカノムコーヒーはチャオクワイ(タイの仙草ゼリー)をミルクコーヒーに沈めてあるものでした。甘さが控えめで小さくしてあるチャオクワイの食感も面白く美味しかったです。タイの飲み物は凄く甘いですが、甘さが控えめで外国人にも満足出来る味です♪

f:id:rakbaimai2:20170831070013j:plain

今回頼んだトムヤムスープはクン(海老)入りスープをナムコン(Creamy Tom Yam Prawn Soup・ココナッツミルク入り濃厚スープ)で頼みました。酸味が少しやわらぐこってりバージョンの海老トムヤムスープにしたいときはトムヤム・ナムコン・クンと頼みましょう!味の方もしっかりと本格派でちょっと辛いですが、酸味と辛味と甘みが絶妙で美味しかったですよ♪(なぜこんなに美味いのだろう?

f:id:rakbaimai2:20170831070052j:plain

最後は春雨バージョンのパッタイですが、お洒落に卵に閉じて出てきました!

f:id:rakbaimai2:20170831070132j:plain

お味の方はしっかり本場のパッタイの味ですが春雨なので通常よりサッパリ感じて上品な味で美味しかったです。なんと70バーツでこんな美味しいものが食べられるなんて嬉しいですね♪よし!これからが本番、別腹でスィーツを食べるぞ!っと思ったのですが、お腹いっぱいになってしまい断念。次回こそボリューム満点なパンケーキを食べようと思います。(うん 本当に美味かった 美味かった

phukettour.hatenablog.com

phukettour.hatenablog.com


にほんブログ村 旅行ブログ プーケット旅行へ
にほんブログ村

お帰りの際にぽちんと応援ください。

プーケットしまかぜ案内人