Mr. パクチーが飛ぶ!!!

プーケットしまかぜ案内人のオプショナルツアー、ピピ島、ダイビング、スパ&マッサージ、観光、屋台食堂&レストラン情報専門サイト

MENU

海中遊泳inラチャヤイ島

サワディーカップ。
トロピカルアイランドからしまかぜ案内人です。

f:id:rakbaimai2:20180716214534j:plain
プーケット女子旅はしまかぜ案内人

先日はライセンスを持った女子旅ゲスト3名様と「ラチャヤイ島」と「ラチャノイ島」・ラチャ島2島で3回ファンダイビングをしてきました。

雨季はラチャ島がおすすめ

ラチャ島は2つありまして、プーケット島から南におよそ20㎞に位置する「ラチャヤイ島」と、南に30㎞ほどの所にある「ラチャノイ島」があります。


ラチャヤイ島へダイビングに行こう! by プーケットしまかぜ案内人

どちらの島も西側は岩がちな地形のダイブポイントが多く、東側は通年波が高くなることはないので透明度が高く砂地にサンゴ礁が綺麗なダイブサイトが多いです。


ダイビングに行こう!in Phuket by プーケットしまかぜ案内人

5月から10月までの雨季の時期は、西風が強く吹く風向きの関係から東側の透明度の高いダイブサイトを潜ることが多くなるので、ラチャ島は2島ともベストシーズンを迎えます。


Racha Noi&Yai Diving ラチャノイ&ラチャヤイ島でダイビング by プーケットしまかぜ案内人

真っ白な砂地と浅瀬のサンゴ礁が綺麗なのでとても癒されますね♪

ホテルから港へ

パトンビーチのホテルからダイビングの港チャロン港へは、直接車で向かう場合は40分ほど。港に着くと島風ダイビングスタッフと合流。港の桟橋バスに乗ってダイビング船に乗ります。

ダイビング船は40人乗りの2階建ての船でダイビング船としては大型のボートになります。座席数も多く無料ドリンクサービスや簡単な朝食とランチがついた快適なダイビングボートなのが嬉しいです☆

ダイビング1本目

2時間ほど船に乗りまずはラチャノイ島の東側にある「ウエストベイ・サウス」。浅瀬はキャベツコーラルの群生地があり、島から飛び出した岬付近は巨大なツルっとした岩盤が折り重なり壮大な雰囲気を魅せてくれるダイブサイトです。

f:id:rakbaimai2:20180716214545j:plain
プーケットでダイビング

皆さんライセンスは持っていますがとても久しぶりだったので浅瀬で練習をしてから深い方にゆっくり移動しました。汗では各種チョウチョウウオの仲間がたくさん見れましたね。

f:id:rakbaimai2:20180716214554j:plain
プーケットオプショナルツアーはしまかぜ案内人

沖の大きな岩が並ぶエリアはたまにマンタが出るのですが今日はお出かけ中でした。

美味しいランチ

ランチは1ダイブ目が終わった後、作りたての美味しいランチが並びます。食べやすくて美味しいタイ料理と揚げ物とスパゲティーのメニュー。

f:id:rakbaimai2:20180716215201j:plain
プーケット女子旅はしまかぜ案内人

タイの美味しい野菜を使った野菜炒めや魚の黒コショウ炒めがとても美味しかったですね♪何気にスパゲティーも美味しくて嬉しかったです☆

ダイビング2本目

2ダイブ目は同じくラチャノイ島でもう一ダイブ。少し波があったので「ウエストベイ」で潜りました。先ほどの場所よりもウエストベイの中央エリアを潜りましたね。

f:id:rakbaimai2:20180716214603j:plain
プーケットオプショナルツアーはしまかぜ案内人

同じく浅瀬はキャベツコーラルで沖が砂地になっています。2ダイブ目なので先ほどより楽に潜れましたね♪中性浮力を撮りながらとても楽しそうに潜られた皆さん。

f:id:rakbaimai2:20180716214615j:plain
プーケットオプショナルツアーはしまかぜ案内人

大型魚には会えませんでしたが、カラフルな可愛い魚達にたくさん会えて嬉しそうでしたね♪

ダイビング3本目

最後のダイブはよりプーケット川にあるラチャヤイ島に30分ほどで戻ってきて「バンガローベイ」というポイントで潜りました。

f:id:rakbaimai2:20180716214650j:plain
プーケットオプショナルツアーはしまかぜ案内人

浅瀬に移動して岩場とサンゴからなる斜面をゆっくり流していきました。途中の枝サンゴの群生地のエリアは特に魚がたくさん集まっていて面白いです。

f:id:rakbaimai2:20180716214658j:plain
プーケット女子旅はしまかぜ案内人

サンゴ礁の上では、青くて光でキラキラ輝くデバスズメダイや薄茶い色のカブラヤスズメダイが混合で巨大な群れを形成していて見事でした。

f:id:rakbaimai2:20180716214641j:plain
プーケットツアーはしまかぜ案内人

そして、インディアンバナーフィッシュやコラーレバタフライフィッシュなどのインド洋のチョウチョウウオも群れていたりしてたくさん見られましたよ♪

今日のアンダマン海生物

●インディアンバナーフィッシュ

分類 : スズキ目チョウチョウウオ科ハタタテダイ属
学名 : Heniochus pleurotaenia
英名 : Indian Bannerfish
大きさ : 15cm〜20cm
近郊で多く見られるダイブサイト : ラチャヤイ島、ラチャノイ島、マリンパーク、ピピ島サンゴ礁

ツノハタタテダイのインド洋型。体型はハタタテダイの仲間らしい三角形の身体で、メインの体色が黒でそこに白い線が3本入るどちらかというと地味な色彩の魚。ですが、目の上にまつ毛のようなカールしている突起があるため「まつ毛ちゃん」というあだ名があります。よく見るとまつ毛が可愛らしくチャーミングな顔をした魚です。

太平洋型のツノハタタテダイとの違いは非常に似ているが黒い身体に走る白い線の数が2本だけなのがツノハタタテダイ。同じ魚でもインド洋と太平洋で若干色や模様が違ったりするのも面白い。基本的には1匹かペアでいることが多いですが、極まれに群れることもあります。フラッシュをオンにしてある程度近寄ってから撮影すると良いでしょう。横から撮る王道パターンもありますが、まつ毛もあり顔が可愛いので正面から撮るのも楽しい

今日のログブック

天気 : 快晴
波の高さ(移動中) : 1.0m
気温 : 33℃
水温 : 30℃
最大深度 : 15m
透明度 : 10~15m
見られた魚 : インディアンバナーフィッシュ(インド洋型ツノハタタテダイ、チョウチョウウオ科)、デパスズメダイ(スズメダイ科)、カブラヤスズメダイスズメダイ科)、ハタタテダイ(チョウチョウウオ科)、コラーレバタフライフィッシュチョウチョウウオ科)、ウルマカサゴ(フサカサゴ科)、タイワンカマス(バラクーダ、カマス科)など。

phukettour.hatenablog.com

phukettour.hatenablog.com

phukettour.hatenablog.com

にほんブログ村 旅行ブログ プーケット旅行へ
にほんブログ村

お帰りの際にぽちんと応援ください。

プーケットしまかぜ案内人