Mr. パクチーが飛ぶ!!!

プーケットしまかぜ案内人のオプショナルツアー、ピピ島、ダイビング、スパ&マッサージ、観光、屋台食堂&レストラン情報専門サイト

MENU

竜宮城ラチャヤイ島で体験ダイビング

サッワディーカップ。
南国プーケットからしまかぜ案内人です。

f:id:rakbaimai2:20171230071338j:plain
プーケットでダイビング

先日は笑顔の素敵な2名様とラチャヤイ島にある竜宮城へ行って来ました。ブルーな海の浅瀬でランチを挟み2回楽しくダイビング!美しい海中世界、トロピカルフィッシュに囲まれて笑顔がいっぱい、プーケット旅行の思い出もいっぱいな1日。

本日のダイブサイト紹介

今回潜ったラチャヤイ島は本島から南に25㎞ほど行ったところにある長方形に近い形の島です。ホテルもいくつかあるほど大きな島で、透明度も高くビーチも綺麗なので、スピードボートで島を楽しむ日帰りシュノーケルツアーも毎日開催されています。5~10月の東風が強い乾季は島の西側、11~4月の西風が強い雨季は東側の波のない沖合いのシュノーケルポイントやダイブサイトを楽しみます。

f:id:rakbaimai2:20171230071246j:plain
プーケットオプショナルツアーはしまかぜ案内人

ダイビングツアーでは乾季は絶対波が入らない西側の大きな湾になっていて浅場が砂地とサンゴ礁、深場が岩場になっている『バンガローベイ』の北側と南側を潜ることが多く、雨季は東側の4つの湾や湾の間にあるリーフを潜ったり沖にある沈船を潜ったりすることが多いです。雨季のに潜る東側の方が透明度が上がることが多いので1年中ダイビングが楽しめます。そして、なんといってもラチャ・ヤイ島はピピ島やマリンパークと比べて浅瀬が多いので体験ダイビングもできるほど初心者から楽しめるダイブサイトが多いのが嬉しいですね♪

ダイビング報告

ホテルのお迎えは基本は乗り合いのミニバン(ハイエース)となり、他のホテルを周りダイビング船が出る港チャロン港へは30分~1時間ほどで着きます。港に着き担当スタッフと落ち合い桟橋バスに乗り桟橋の先にある本船に移動します。

f:id:rakbaimai2:20171230072207j:plain
プーケットでダイビングへ出発

プーケットのダイビングボートは他のエリアと比べると座る座席も多くトイレも完備。朝の軽食やパンがあり冷水器があり冷水や熱湯がありインスタントの紅茶やコーヒーも飲めるようになっていますよ。地面にはマットが引いてあったりして横になれたりもするのでラチャヤイ島までの1時間半の移動時間も快適に過ごせます。お二人とも行き帰りとも横になってお休みされていましたよ♪

f:id:rakbaimai2:20171230071428j:plain
ラチャヤイ島で体験ダイビング

今回の1ダイブ目は『ベイ1』東側に4つある湾で一番北側にある場所です。体験ダイビングなので浅場の船が入ってこないブイの内側に入り浅場の綺麗な場所から潜行です。ロープ越しに潜り始めサンゴの合間の砂地に降りて慣れるまで推定で動かずゆっくり。浅場の真っ白な砂地エリアで光の光線を浴びながらキラキラな海中世界を満喫した後、そのホワイトサンドエリアのそばにあるキャベツコーラルや枝サンゴの綺麗なエリアへ!

スポンサーサイトリンク


サンゴの上でクジャクスズメダイネッタイスズメダイの大群が乱舞していてとても綺麗で見惚れちゃいましたね♪岩場エリアでは岩場の下にヒトヅラハリセンボンが隠れていたり、岩場の海藻をかじるブダイがたくさん見られました。最後は船の下にいる無数のお魚さんたちに囲まれながら1ダイブ目終了です。

f:id:rakbaimai2:20171230071606j:plain
ランチタイム

船に戻って上くると船のコックさんが作り立てほやほやの美味しいランチが準備されています。どの船も本格的な美味しいタイ料理を出してくれますね♪今回のメニューは澄まし汁のような飲みやすいスープ『ゲンジュー』とタイの美味しい各種野菜を炒めた『パット・パック・ルアムミット』と牛肉のオイスター炒め『ヌア・パット・ナンマンホイ』とフライドチキンと食べやすくて美味しい料理のオンパレードでとっても美味しくてたくさん食べられたお二人です。各ダイビング船のご飯は他のツアーのご飯よりも美味しい所が多いのが嬉しいですね♪

f:id:rakbaimai2:20171230071710j:plain

お腹いっぱいになり休憩した後は2ダイブ目『ベイ3』で潜りました!ゆっくり潜行して行き、すぐカクレクマノミを見ました。白の線が入ったオレンジ色の体色とバタバタした動きがやはり可愛いですね♪砂地と岩が混じったようなエリアはじっくり見ていると色々な税物が潜んでいます。

f:id:rakbaimai2:20171230071758j:plain
プーケットオプショナルツアーはしまかぜ案内人

今回も目を凝らすと今まで見たことのないような1㎝くらいの小さいウミウシに出会えましたよ♪早速図鑑で調べましたが見つからなかったので色々調べてみます!その他岩場を見ているとキリンミノカサゴの子供が隠れていてこっちが見ると驚いてヒレを広げている懸命な姿が可愛かったです。

今日のお魚さん紹介

●コラーレバタフライフィッシュ(マユゲちゃん)

分類:スズキ目チョウチョウウオ科チュチョウウオ属
学名:Chaetodon collare Bloch
英名: White Collare Butterflyfish , Red Tail Butterflyfish
大きさ:約15㎝
プーケット近郊で多く見られる場所:全エリア

インド洋のサンゴ礁域に生息する雑食系に近いチョウチョウウオの一種。太平洋にいる「チョウチョウウオ」という種のインド洋型と呼ばれている。チョウチョウウオらしくペアでいることもあるが、「コラーレ玉」とも呼ばれる群れを作ることもある種類。本島近郊の離島では岩礁域にもサンゴ礁域でもどこでも見られます。

身体は茶色と黄色のグラデーションで、白い首輪(ホワイトコラール)や赤い尻尾(レッド・テイル)という名前がついている通り、目の後ろにある白い首輪(?!)と赤い尻尾が特徴になっているチョウチョウウオ。目の上に一本の横線がありマユゲに見えることから「マユゲちゃん」っというあだ名がついています。顔がキリっとしていて可愛らしいし真っ赤な尻尾と身体の色合いも良く見るととても綺麗なので、浅瀬で太陽光で色が出ている時は思わず見惚れてしまいます。

体色がとても綺麗なのでやはり海を背景に浅瀬で写真を撮るのが基本!サンゴ礁の上に群れる姿を撮るのが一般的ですが砂地スレスレを泳ぐペアを真っ白な砂地と海をバックにとっても綺麗です。浅くても体色が綺麗に出ていない時はフラッシュをちょっと炊いてあげるとより綺麗な写真になります。透明度の安定しているラチャヤイ島やラチャノイ島やシミラン諸島だと写真が綺麗に撮りやすいですね。

ラチャヤイ島ダイビングのまとめ

今回は東側のダイブサイトで潜りましたが他にもポイントがいっぱいあるラチャヤイ島。西側のバンガローベイの北側にあるサンゴ礁に群れるスズメダイの群れもとても綺麗です。サイアムベイの中央にあるサンゴ礁域は広くない範囲でたくさんの種類の魚と出会える僕の大好きなポイント。

f:id:rakbaimai2:20171230072007j:plain

今回はプーケット女子旅で体験ダイビングツアーに参加したお二人、次回は是非ライセンスを取りに来てはいかがでしょう?また南国リゾートアイランドでお待ちしております。ありがとうございました。とっても楽しかった!

phukettour.hatenablog.com

phukettour.hatenablog.com


しまかぜオリジナル、プライベート観光ツアーへ行こう by プーケットしまかぜ案内人


プーケットしまかぜ案内人とラチャヤイ島へ体験ダイビングに行こう!

にほんブログ村 旅行ブログ プーケット旅行へ
にほんブログ村

お帰りの際にぽちんと応援ください。

プーケットしまかぜ案内人