Mr. パクチーが飛ぶ!!!

プーケットしまかぜ案内人のオプショナルツアー、ピピ島、ダイビング、スパ&マッサージ、観光、屋台食堂&レストラン情報専門サイト

MENU

ラチャ2島制覇ダイブビングツアーへGO

サッワディーカップ。
南国プーケットからしまかぜ案内人です。
先日はリピーターの2組3名様と楽しくラチャ2島(ラチャ・ノイ島とラチャ・ヤイ島)をファンダイビングツアーへ行って来ました。今回はカメラレンタルもされたので水中で写真も楽しみ、満喫プランです。東洋の真珠とも呼ばれるタイ南部プーケットはいくつか離島がありダイブサイトの雰囲気もさまざまです。来島の際は是非一緒に潜りたいです。

本日のダイブサイト紹介

今回潜るラチャ島は本島から約25㎞ほど南下したところにあるラチャ・ヤイ島(スピードボートで30分・ダイビング船で1時間30分)と、ヤイ島から更に10㎞ほど南下したところにあるラチャ・ノイ島の2つからなる諸島です。

f:id:rakbaimai2:20171227065901j:plain
プーケットラチャヤイ島でダイビング

ラチャ・ヤイ島は、日帰りシュノーケルツアーやフィッシングツアーでも使われる人気の離島。ダイビングは、乾季(11月から4月)に東風が吹くので西側にあるポイントを潜り、雨季(5月~10月)は西風が吹くので東側のポイントを潜ります。西側は『バンガローベイ』があり乾季の間中ずっと穏やなのでよく潜る場所。北側には浅場にサンゴ礁が群生する『サイアムベイ』。雨季に良く潜る東側は透明度が上がることが多く砂地とサンゴ礁が綺麗な『ベイ1』~『ベイ4』まで4つの湾付近を潜ります。

f:id:rakbaimai2:20171227065742j:plain
プーケットラチャノイ島でダイビング

ラチャ・ノイ島は大物ポイントの北側の『ノース・ポイント』と南側の『サウスチップ』。西側は『カメラベイ』・『ウエストベイ』・『マリータズロック』など人工的に切りとられたような大きな奇岩が並ぶポイント多いです。ラチャ・ヤイ島と一緒で東側は透明度が上がることが多く『バナナロック』・『バナナベイ』・『ラチャノイベイ』は砂地やサンゴ礁が綺麗なダイブサイトが多いです。

ダイビング報告

今日の船も出発は島の南東にあるチャロン港。港に着き落ち合い桟橋バスに乗り先端にあるダイビング船に乗り換えます。今回は風が弱く海洋状況が良かったので船とスケジュールの説明をして、器材セッティングをした後、そのまま船の軽食を食べながらその日のダイビングの説明をしました。今回はラチャノイ島へ先に行き2ダイブ潜り、戻りながら途中のラチャヤイ島で1ダイブ潜って帰るスケジュールです。

f:id:rakbaimai2:20171227070153j:plain
プーケットダイビングツアーへGO

最初は本島から奥のラチャノイ島まで2時間ほどクルージング。プーケット大好きなリピーターさん、前日はパトンビーチの夜の街を散策、安心して夜遊びも楽しめるのも魅力の島ですね。当日はポイントに到着するまではスペースを見つけてゆっくり横になられて爆睡!どのダイビング船も大きくて快適なのが良いです。

スポンサーサイトリンク


1ダイブ目はラチャノイ島の『バナナベイ』で潜りました。浅瀬にブイがうたれていてボートが入ってこれないようになっていて安全に潜れる場所です。久しぶりにダイビングを楽しむ2組のリピーターさんも安心して潜れました。水底の砂地のところでちょっと浮力コントロールと泳ぐ練習をしてその後深い方に向かってGO!少し深場を海中探検しながら、太陽光線がキラキラと入る浅瀬中心にお魚観察です。サンゴ礁域には各種カラフルなスズメダイの群れが群れていて綺麗でした。

f:id:rakbaimai2:20171227070440j:plain
ラチャノイで記念写真

2ダイブ目は同じくノイ島の『バナナベイ・サウス』。2ダイブ目なので慣れてきてレンタルカメラで水中写真に挑戦です。少し深度を落として流しているとタイワンカマス(イエローテールバラクーダ)の大群が登場です。太陽光でキラキラと輝くバラクーダの群れはいつみてもカッコよく僕も大好きな光景です。時折出てくるサンゴ礁の群生地はとても綺麗でスズメダイの大群がサンゴの間に隠れたり出てきたりする整列された動きはみんなダンスをしているようで楽しそうです。

f:id:rakbaimai2:20171227070654j:plain
ワクワクウキウキなダイビングツアー

3ダイブ目はラチャヤイ島に戻ってきて『ベイ1』。深場にある沈船をみんなでレックダイビングです。ゆっくり潜行して泳ぎ始めそのまま深場の方へ泳いで行くと少しずつ沈船の全景が見えてきます。中に入ったりもできる全長30m弱の船の中にはかなり魚もいついて楽しいので、浮力コントロールに気をつけながら中に入りました。

f:id:rakbaimai2:20171227071933j:plain
初めてのレックダイビング

初めての沈船だった二人は大喜びでした!3本目で慣れているのもあったので沈船周りで記念写真を撮りプーケット旅行の思い出もいっぱいな時間。水中ではセジロクマノミのインド洋型「スカンクアネモネフィッシュ」やとても大きな「モヨウフグ」などたくさんの生物に会えました!普段は寝てることが多いネズミフグ(ハリセンボン一種)がとても元気に追いかけてカップルて求愛しているのも見れて楽しかったです。

f:id:rakbaimai2:20171227070907j:plain
トロピカルなお魚がいっぱい

楽しくあっという間の3ダイブ。その日の夜は一緒にパトンビーチのバングラー通りでアフターダイビング。美味しいタイ料理にタイビールで水中世界の話で盛り上がりました。朝から夜まで素敵な時間が過ごせるのは嬉しいことです。次回は是非シミランクルーズでジンベイザメやマンタなど大物に遭遇したいです。またの来島をお待ちしております。

今日のお魚さん紹介

クジャクスズメダイ(アンダマン海型)

スズキ目スズメダイソラスズメダイ属
学名: Pomacentrus pavo
英名: Sapphire Damsel,Peacock Damsel,Blue Damsel
大きさ:8㎝
見られる場所:「ラチャヤイ島東側」「ラチャノイ島東側」

ソラスズメダイ属なのでスズメダイの中でも少し細長い身体つき。背ビレと尾ビレの後部は少し伸長している。太平洋側で見られるクジャクスズメダイは濃い青色で尾鰭が少し黄色みがかっているが、アンダマン海で見る個体は全身が綺麗なエメラルドグリーンの色になる。太平洋からインド洋の浅瀬のサンゴ礁域に分布。日本では稀種ではあるがプーケットではどのダイブサイトでも見られる一般種。

名前がクジャクという名前の通りソラスズメダイ属の中ではヒレが長い。特に雄が雌に求愛するときにヒレを広げると顕著になる長く伸びたヒレは「孔雀」と言う名にふさわしく美しい体形になる。特にラチャヤイ島やラチャノイ島の東側にある浅瀬のサンゴ礁エリアの上に見ごとに大群を形成している。特に太陽光が入る浅場のアオサンゴや枝サンゴで群れが隠れたり出てきたりする時にキラキラ光り輝く光景はとても癒されます。

これからも僕の好きな魚達をこのプーケットダイビングブログで紹介しますので是非覗いて下さいね。

phukettour.hatenablog.com

phukettour.hatenablog.com


Racha Noi&Yai Diving ラチャノイ&ラチャヤイ島でダイビング by プーケットしまかぜ案内人

にほんブログ村 旅行ブログ プーケット旅行へ
にほんブログ村

お帰りの際にぽちんと応援ください。

プーケットしまかぜ案内人