Mr. パクチーが飛ぶ!!!

プーケットしまかぜ案内人のオプショナルツアー、ピピ島、ダイビング、スパ&マッサージ、観光、屋台食堂&レストラン情報専門サイト

MENU

プーケットセントラルフェスティバルへ行こう.「Food Patio(フード・パティオ)」でランチタイム.

サッワディーカップ🏄
南国プーケット島からしまかぜ案内人です♪

f:id:rakbaimai2:20170804071448j:plain

プーケットセントラルフェスティバルのフードコートでタイ料理を食べよう🍴

スポンサーサイトリンク


新しく出来た「Food Patio(フード・パティオ)」で美味しく、頂きました💛 プーケット島で一番綺麗でオシャレで食事の種類も多いフードコートで一押しの場所です♪

f:id:rakbaimai2:20170804071124j:plain

通常のお店と一緒で入り口のカードカウンターでカードにお金を入れてもらうスタイル。お金を入れたカードを各種食堂で切ってもらい、食べ終わった後最後はまたカードカウンターでカードを戻すとお釣りがもらえる。っと気軽に食べれるスタイルが気に入っております。

f:id:rakbaimai2:20170804071233j:plain

フード・パティオは食事もドリンクも種類が多くてビックリしました!通常のフルーツシェークやジュースなどのソフトドリンクカウンターがある他、プーケット島内のフードコートでは未だ見たことがないバーカウンターがあります!料金も安くてビールは100バーツ前後で、カクテルが150-250バーツとリーズナブルに各種アルコール飲料も飲めるのはとても嬉しいですね。

f:id:rakbaimai2:20170804071312j:plain

食事コーナーですが、入り口に近い所はインターナショナルフードエリアになっていて、多国籍食堂があります。和食やステーキやピザなどのコーナーがあります。ほとんどのメニューは100-200バーツほどで一番高いメニューでも450バーツ。

f:id:rakbaimai2:20170804071510j:plain

敷地の外側は各種タイ料理食堂がわかりやすく分かれています。ぶっかけご飯コーナー、タイ風シーフード&パッタイコーナー、アヒル料理コーナー、ポークライスコーナー、チキンライス(カオマンガイ)コーナー北部カレーラーメンコーナー、イサーン(タイ北部)料理コーナー、タイ風オムレツコーナー、タイ風ディップコーナー、タイ風ラーメンコーナー、タイ風チャーハンコーナー、南部タイカレーコーナーなど。物凄い種類の各種タイ料理は、なんとだいたい50-100バーツほどと安く、高いメニューでも250バーツくらいの値段で食べることができます。

f:id:rakbaimai2:20170804071618j:plain

今回はカオ・ナー・ペット(Duck Rice・アヒル肉のせライス、65バーツ)とカオ・ソイ(Noodle Curry Soup With Chickin,Pork and Beef・ミックス肉のせ北部カレーラーメン90バーツ)味の方もタイ人が集まるFood Courtだけあって本格的で美味しかったです♪

f:id:rakbaimai2:20170804071659j:plain

ダック・ライスはアヒルの柔らかい肉と大豆と特性の甘口タレが合わさり優しい味が口の中に広がり美味しかったです♪

f:id:rakbaimai2:20170804071756j:plain

チキンライス(カオマンガイ)に負けない美味しさ、スープも中華風の味付けでホッとします。タイ人も大好きなタイ料理なので是非お試しあれ!

f:id:rakbaimai2:20170804071950j:plain

タイ北部料理として有名なカオ・ソイはカレーラーメンとも呼ばれ、まろやかな辛くないタイカレーのスープに硬い麺と柔らかい麺2種類が入った料理。鶏肉と豚肉と牛肉を全部のせたスペシャルバージョンで食べてみました!やっぱりカレー風味のスープと麺の愛称は抜群!!日本人に人気があるタイ料理の一つですので是非食べてみてくださいね♪

phukettour.hatenablog.com

phukettour.hatenablog.com


new food court in Central Festival Phuket part3 by プーケットしまかぜ案内人


にほんブログ村 旅行ブログ プーケット旅行へ
にほんブログ村